ジュニサプ-JUNISUP- 飲み方&摂取タイミングについて

ジュニサプを上手に効率よく摂取するには?

せっかく子供の栄養補助にジュニサプを導入したのに、
・いつ飲ませたらいいか分からない…。
・朝と夜はどっちがいいの?
・まとめて飲む?分けて飲む?

などなど、サプリメントはお薬と違って決まった用法や指定が無い分、ある程度の目安があった方がご利用されやすいですよね!

飲み忘れの防止や、食事で摂取する栄養との兼ね合いもありますので、いくつかのパターンをご紹介したいと思います。

ジュニサプ摂取のタイミング例-その1-


食後に飲むと吸収率アップ!
飲み忘れの防止やジュニサプを栄養管理の一環としてルーティーン化するという意味で、食後のタイミングはおすすめ摂取ポイントになります。食後であれば、食事でとった栄養の吸収も始まっていて、胃や腸も動き出しているので吸収率も◎です。

ジュニサプ摂取のタイミング例-その2-


運動前後もおすすめです!
ジュニサプにはBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)というアミノ酸が配合されています。このBCAAは、運動時のエネルギー源となったり、運動後のリカバリーに嬉しい働きがあるアミノ酸なので、運動前・運動後にジュニサプを飲んで頂くと、パフォーマンスアップやリカバリーにGOODです!

ジュニサプ摂取のタイミング例-その3-


あっ!飲み忘れちゃった!!
「いつも食後に飲んでいるのに、今日はバタバタしててジュニサプ飲むのを忘れちゃった…。」
そんな時は時間を気にせず、飲み忘れに気が付いたタイミングで飲んで頂いてかまいません。
飲んだり飲まなかったり、飲み忘れて栄養が足りない!というような状態を作らないように気を付けましょう!

ジュニサプの飲み忘れ防止の工夫

以前、身体づくりやコンディションの維持にトータルアップやジュニサプを採用してくれている日本トップクラスのジュニアゴルフ選手にお話を伺う機会がありました。
栄養管理のため、食事とサプリメントから栄養を上手に摂取するため、サプリメントを1日3回に分けて利用しているとのことでした。
時間によっては学校で摂取する必要があるので、1日分を3回に分けて管理しているそうです。

写真にあるカラフルでかわいいケースは、100円均一で揃えたもの(#^^#)
このケースを上手に使って、1日3回×7日分、1週間単位で準備しているそうです。

ジュニサプ摂取のタイミング-まとめ-


既にジュニサプを長い期間ご利用頂いているご家庭では、1日2回か3回に分けてご利用されているパターンもあるようです。

平日と土日祝では生活のサイクルも違いますから、「必ずこの時間」とか「このタイミングで飲む」と決めずに、ジュニサプを飲み忘れないようなルーティーンを見つける工夫をしていきましょう。

ジュニアアスリート向けサプリメント

真剣にスポーツをしている小学生アスリートの親御さんや、クラブチームにも導入されている「砂糖、人工甘味料、着色料、保存料」無添加サプリメント「ジュニサプ」